その他

ET CETERA

  • 名称: アップル園 久屋
  • 設立: 平成21年1月
  • 代表: 石田 至
  • 所在地: 〒460-0002 愛知県名古屋市
    中区丸の内3丁目19-14財形久屋セントラルハイツ602号
  • 電話/FAX: 052-971-1117
  • 事業内容: 24時間保育
  • ベッド数: 25台

アップル園 久屋:

〒460-0002 愛知県名古屋市
中区丸の内3丁目19番14号財形久屋セントラルハイツ602号(林敬ビル)
TEL. 052-971-1117

アップル園 池下:

〒464-0074 愛知県名古屋市
千種区仲田2丁目8番16号
TEL. 052-753-4543

当施設は児童福祉法第35条の認可を受けていない保育施設(認可外保育施設)として、
同法第59条の2に基づき名古屋市への施設届出を義務付けられた施設です。
施設届出先:名古屋市(子ども青少年子育て家庭部保育課) TEL. 052-972-2528


  • お子様が病気の時、熱のある時は休ませて下さい。(乳児は37.5℃ 幼児は37.0℃以上の場合)
  • 他のお子様にうつる恐れのある病気の場合は、お休み戴きます。
  • 当園は市販の薬は一切受付ませんので必ず病院の薬を持参して下さい。
  • 園には、お茶・おもちゃ・おかし等を持たせないで下さい。
  • 園で発行する領収書は必ずお受け取り下さい。
  • 急用以外の電話はご遠慮下さい。
  • 持ち物は、全て記名して下さい。

  • 注1. 入会金・保育料など一旦お支払戴いた納入金は、いかなる場合でもお返しできません。
  • 注2. 次回からの保育料・食費などは期限までに次回分を納入して下さい。
    納入が遅れますと月極の保育料が入るまで、一時預り料金でその都度精算させて戴きます。
  • 注3. 個人・企業会員の方のみ 月極・日払い制度あります。
  • 注4. 個人・企業会員の方で4時間以内の利用は食事・おやつ・おむつ等別料金が必要です。
  • 注5. 雑費は各保育時間毎に必要となります。(延長された場合、降園時に交換するおむつ代を別途50円(税抜)頂戴いたします)
  • 注6. どなた様も1時間単位の料金精算ですので、くれぐれも登園時間を保育士に確認してからお子様をお預けください。
  • 注7. 池下園のみ年末年始休業。

当社のサイト並びに当社契約サイト様では、お客様の本サイトの訪問状況を把握するためにGoogle 社のサービスであるGoogle Analyticsを利用しています。当社のサイトでGoogle Analyticsを利用しますと、当社が発行するクッキーをもとにして、Google 社がお客様の本サイトの訪問履歴を収集、記録、分析します。当社は、Google 社からその分析結果を受け取り、お客様の本サイトの訪問状況を把握します。Google Analyticsにより収集、記録、分析されたお客様の情報には、特定の個人を識別する情報は一切含まれません。また、それらの情報は、Google社により同社のプライバシーポリシーに基づいて管理されます。当社のページ並びに当社契約サイト様をご利用する場合は、上記記載の内容に同意したものと見做します。

Google Analytics について
当社のサイト並びに当社契約サイト様では、お客様の本サイトの訪問状況を把握するためにGoogle 社のサービスであるGoogle Analytics を利用しています。当社のサイトでGoogle Analytics を利用しますと、当社が発行するクッキーをもとにして、Google 社がお客様の本サイトの訪問履歴を収集・記録・分析します。当社は、Google 社からその分析結果を受け取り、お客様の本サイトの訪問状況を把握します。Google Analytics により収集・記録・分析されたお客様の情報には、特定の個人を識別する情報は一切含まれません。また、それらの情報は、Google社により同社のプライバシーポリシーに基づいて管理されます。
お客様は、ブラウザのアドオン設定でGoogle Analytics を無効にすることにより、当社のGoogle Analytics利用によるお客様の情報の収集を停止することも可能です。Google Analytics の無効設定は、Google 社によるオプトアウトアドオンのダウンロードページで 「Google Analytics オプトアウトアドオン」をダウンロードおよびインストールし、ブラウザのアドオン設定を変更することで実施することができます。
なお、お客様がGoogle Analytics を無効設定した場合、お客様が訪問する本サイト以外のウェブサイトでもGoogle Analytics は無効になりますが、 お客様がブラウザのアドオンを再設定することにより、再度Google Analytics を有効にすることも可能です。